日本カジノCUBE
日本で遊べるオンラインカジノの総合情報サイト
オンラインカジノ

ページワンのやり方を説明します

ページワンのやり方を説明します

ページワンは同じマークを場に出し合って、カードの強さを競うシンプルなゲームです。UNOのように、残りの1枚になるときには掛け声も必要になります。

2。ページワンの基本ルール<特殊カード>
「A(1)」…スキップ。次のプレイヤーの順番が飛ばされる。
「2」…次のプレイヤーは山札から2枚ひく。次のプレイヤーはさらに「2」を出せばこれを回避できる。回避できなかったプレイヤーは合計された枚数を山札からとる(例:3連続「2」が出されたら回避できなかったプレイヤーは山札から6枚とらなければならない)。
「8」…スート指定。次に出されるカードのスート指定ができる。
「9」…リバース(札を出す順番が逆まわりになる)
「King」…オープン(次に出すプレイヤーのその時点の手持ちの手札を開示させる。)
「ジョーカー」…万能カード(何のカードか提出者が宣言して場に出す。例:ハートの5など)。ジョーカーをラストカードとすることはできない。

ページワンのやり方を説明します。

カードを重ねてピラミッドの形をつくります。 一番下の段から、足して「13」になる組み合わせのカードを取っていって、ピラミッドがなくなったら成功です。 場札から同じマークでカードの数字の合計が15になる組み合わせをとっていきます。 すべての場札をとることができたら成功です。 カードを並べて同じ数字のカードがあったら「カップル」としてとっていきます。 すべてのカードをカップルにしてとりのぞけたら成功です。 列の中から数字が続くカードを移動しながら、同じマークごとにAからKまでのカードを集めるゲームです。 カードを出し合って、カードの数の大小を競い合って、強いカードを出したほうが勝ちです。 勝ったほうがカードをもらえて、さいごにカード多く持っていた人のシンプルなゲームです。 2人で遊ぶトランプゲーム 順番に同じマークのカードを場に出していって、早く手 札がなくなった人が勝ちのゲームです。 手札が残 り1枚になったら「ページワン」と宣言(せんげん)します。 前の人が出したカードよりも強いカードを出していって、初めに手札がなくなった人が「大富豪」になります。 同じ数字の4枚をいっぺんに出せば「革命」をおこせます。 場に裏向きにふせてならべたカードをめくって、同じ数字のカードを2枚見つけると、カードがもらえます。 みんなで順番にめくって、取っ たカードの枚数が多い人の勝ちです。 どこに何のカードがあったか、記憶力(きおくりょく)がためされるゲームです。 時計回りの順番でとなりの人のカードを引いて、自分の手札の数字と引いたカードの数字が合えば、場にすてることができます。 みんなでくり返して、先に自分の手札がなくなれば勝ちぬけです。 ジョー カーを最後まで持っていた人が負けです。 手札2枚の合計が21点をこえないで、親より点数が高くなれば勝ちです。 親と子 プレイヤー でチップをかけて戦います。 かけた分だけチップがもらえます。 4枚の「7」を中心に、となりあう6、8から順番にカードを並べていくゲームです。 出す順番やパスをうまく使うのがコツです。 5枚のカードを交換(こうかん)しながら、1番強いペアを作るゲームです。 チップをかけると面白くなります。 手札の合計が「51」になるように集めていきます。 ちがうマークが1枚でもあると得点が0になるので注意。 相手が集めているマークを予想して、自分のカードを集めましょう。 カードを数字の順番に出していって、早く手札をなくした人が勝ちになります。 みんなにバレないようにうまくウソをついてカードを出したり、相手のウソをうまく見ぬいたりしてカードをへらしましょう。 麻雀のように「ポン」や「チー」を使ってカードを集めて組み合わせを作りながら、カードを早く捨てた人が勝ちになるゲームです。 場にまるく広げたカードを順番に引いて、カードがなくなったときに、いちばん手札の少なかった人が勝ちです。

ページワンはルール自体も簡単ですので、二人でも簡単に遊ぶことができます。ちょっとした暇潰しにもぴったりのゲームですので、ぜひ一度やってみてくださいね。

1。ページワンの基本ルール<遊び方>
(1)トランプはジョーカー入り53枚を用意する。3人以上でゲーム可。
(2)プレイヤー全員に、5枚のカードを配る。残りのカードは山札として場に伏せる。
(3)ジャンケンで最初に出すプレイヤーを決める。以後、カードを出す順番は時計まわり。(ただしリバースカードが出されたら逆まわりになる)
(4)最初に山札を1枚めくる。これを台札とする。これが特殊カードだった場合、一般カードが出るまでめくる。
(5)プレイヤーは手札から「台札と同じスート」または「台札と同じ数字のカード」を1枚選び、表にして場に出す。出されたカードが次のプレイヤーの台札となる。
(6)手札に出せるカードがない場合、山札から1枚引き手札に加える。引いたカードが出せるカードだった場合、場に出すことができる。
(7)次のプレーヤーも同じように繰り返し、手札がなくなった人が勝ち。
(8)山札がなくなった場合、場にあるカードをシャッフルし伏せて山札の補充分とする。
(9)残り2枚目のカードを出すときは「ページワン」を声に出して宣言しなければならない。ページワン宣言を忘れた場合、ペナルティとして山札から2枚カードを引き手札に加えなければならない。
(10)ジョーカーをラストカードにすることは出来ない。