日本カジノCUBE
日本で遊べるオンラインカジノの総合情報サイト
オンラインカジノ

23ベット法 マーチン

23ベット法 マーチン

そして、同じ結果が確認された次のゲームから、3倍マーチンゲール法を使用して行くと良いでしょう。

さらに負けたら前回の2倍の8ドルベット、勝てば1ドルに戻す。これを繰り返して、1回勝つまで勝負を行い、勝った段階でマーチンゲール法は成功です。ベット額を元に戻すのを忘れないでください。

全てのカジノでは「テーブルリミット」が設定されており、1回に賭けられる最大金額が設けられています。例えば$1でマーチンゲールをスタートさせた場合、9回目で256ドル、10回目だと512ドルの掛け金になります。しかし、実際のオンラインカジノのゲームだとベットリミットが100~200ドル程度に制限されているゲームも多く、そうなると1回の勝利で利益を取れなくなってしまうため、許される連敗数が少なくなります。

連続の結果が確認されるまでは、1ドルなどの少額の賭けをすることで損失額の増大が抑えられます。損失額回収に加えて大きな利益を出すことができる3倍マーチンゲール法だからこそ扱える方法です。

ここからマーチンゲールの始まりです。やり方は非常にシンプルで、まずは1回目のベットを行います。1回目のベット額がそのままマーチンゲール法が1回成功した時の儲けになるので、資金に応じたベット額を選びましょう。ここでは最小額を1ドルとして開始します。 そしてゲームをプレーし、勝てばその時点でマーチンゲール法成功です。リセットして最初から始めます。 負けてしまった場合、今度はベット額を倍にします 。前回のスタートは1ドルでしたので次は2ドルとなります。

と設定されており、どんな大富豪であっても40万以上は賭けられないのです。つまり、マーチンゲール法で高額配当を狙ったとしても、テーブルリミットによる回数制限があるため途中でやめざるを得ない状況となるんですね。

カジノの攻略法としては最も有名な「マーチンゲール法」。賭け事で負けた時に賭け金を2倍にする、というごく単純な仕組みで「理論上負けない」という触れ込みから、カジノに限らずFXなどの投資の世界でも「必勝法」と呼ばれることがあります。

マーチンゲール法を$1から開始した場合、10連敗で$1,023の資金が必要になります。

マーチンゲール法は、負けを取り戻すシステムベット。そしてパーレー法は利益を増やしていくベットです。

例えば、5連続で負けてしまった場合、$1で始めると$1→$2→$4→$8→$16となりますが、ここで負けた時点でゲームを終了します。これを「4マーチン」(初回の負けはマーチンとしてカウントしない)などと呼びます。

「無限の金と時間があれば必勝法」と噂されるマーチンゲール法。さて、どれくらいのお金が必要なのか、現実的に見ていきましょう。

損失額も考慮に入れると、マーチンゲール法と比べて非常に低リスクかつ高確率のベット方法と言えます。

うわぁ負けたやばい〜マーチンしなきゃ…てやる人気付いた時には「残高0」てこと多くないですか?今すぐやめたほうがいいです!まずは落ち着いて!!でないと一生稼げません。

仮に勝率50%のゲームでマーチンゲール法を使用した場合、10回中1回も勝てずに10連敗する確率は約 0.10%(1024回に1回)となります。この連敗する確率の低さこそマーチンゲール法のメリットですが、しかしそれは連敗したときのリスクの大きさをも意味しています。10回中1回でも勝てば負け分をひっくり返せる代わりに、1回も勝てなければ$1,023もの損失を抱えてしまうのです。

1. マーチンゲール法とは?